通所リハビリテーションとは

病気やケガによる障害で日常生活における基本的動作(ADL=食事、排泄、身だしなみ、移動など)や生活手段(IADL=家事、買い物、交通機関の乗下車など)に支障がある方が事業所に通い、主にリハビリテーションを中心にした介護サービスを受けることにより心身機能の維持・回復を図り、可能な限り自立した生活を営むことができるよう、また家族が身体的・精神的負担を軽減できるよう支援を行います。

サービスが受けられる方

※ 要介護 1、2、3、4、5
※ 要支援 1、2

種類

通所リハビリテーションは介護認定度により次の2種類に区分されます。要介護度が高いほど1か月に介護保険で利用できる金額が多いため、利用回数を増やしたり他の介護保険サービス(入所施設、訪問、入浴など)と組み合わせるなど様々なプランを作成することが可能です。
・通所リハビリテーション
要介護1〜5の方が対象です。
・介護予防通所リハビリテーション
要支援1・2の方が対象です。身体の機能低下や閉じこもりになることを予防する目的で行います。
加えて下記の付加サービスを選択できる事業者もあります。

1.運動器機能向上サービス
2.栄養改善サービス
3.口腔機能向上サービス

利用者の具体的状態

・医療によるリハビリテーション期間が終了したが継続した治療が必要で、介護保険に移行して実施する方
・難病で長期的にハビリテーションを必要とする方
・認知症で異常行動がある方
・理解力や判断力が低下している方

目的

・身体機能の維持・回復
・社会関係能力の維持・回復
・コミュニケーション能力の維持・向上
・ご家族・介護者の負担軽減

プログラムの作成

サービスの提供に際し各種検査を行い、担当医師、理学療法士や作業療法士などのスタッフが協同して利用者に適したプログラムを作成し、ご本人やご家族に説明・同意を得て実施します。

プログラムの提供内容

・来所時の症状、障害程度、全身状態(血圧、脈拍、体温等)の把握
・個別訓練
利用者の症状や障害の状況に応じて、理学療法士や作業療法士などが関節の動きを良くしたり歩行の訓練などを行うほか、リハビリテーション機器を使用して痛みを改善するなど、日常生活に必要な動作機能の維持・回復を図ります。
・集団訓練
利用者が集団で下記プログラムを行い心身の機能やコミュニケーション能力の維持、改善を図ります。
※体操、レクリェーション、創作(趣味)活動など
・居宅生活の支援、助言
福祉用具の利用、住宅改修、居宅での過ごし方、介護者へのアドバイスなど
・その他
食事・・・昼食の提供
送迎・・・自動車で自宅までの送迎をします

サービス利用時間

要介護1〜5についてはサービスを受ける時間の長さに応じて料金が異なるため、利用時間の区分が設定されています。ただし全ての事業所が下記5区分の利用に対応している訳ではなく、1区分のみ或いは数区分を利用可能とする場合もあります。 また、要支援の場合は時間別の料金体系は無く利用時間にかかわらず利用1日毎について定額料金となります。

※料金体系別の利用時間区分
・1時間以上2時間未満
・2時間以上3時間未満
・3時間以上4時間未満
・4時間以上6時間未満
・6時間以上8時間未満

診療科目

page top

井上整形外科
〒111-0032 東京都台東区浅草4-41-6 TEL 03-3874-9521