リハビリテーション科

リハビリテーションは、疾患によって引き起こされた障害を対象として、社会復帰を目的に治療を行います。
障害には、機能・形態障害や能力障害等があり、まずこれらの障害の評価を実施します。 そして様々な知識と技術を用いて個々の障害に適した治療を行い、 機能の回復や維持、疼痛の緩解、生活の自立や社会復帰の為の訓練・援助などを とおして「生活の質の向上」を図る事を目的としています。
現在当院では理学療法士・作業療法士等の専門スタッフを多数配置して、 個々の障害治療に対する高度な技術を外来及び、入院(リハビリ目的、手術後の機能回復など)にてご提供しています。

当院が提供するリハビリテーション(施設基準)

運動器リハビリテーション

【対象となる疾患】

上肢・下肢の骨、筋、腱、靱帯、神経の損傷
脊椎損傷による麻痺
体幹・上肢・下肢の外傷、骨折、切断
関節の変性疾患(変形性関節症など)
関節の炎症性疾患(関節リウマチなど)


脳血管疾患等リハビリテーション

【対象となる疾患】

脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳外傷など)
神経疾患(多発性神経炎、末梢神経障害など)
慢性の神経疾患(パ−キンソン病、脊髄小脳変性症など)

障害の種類

機能・形態障害 疾患が直接の起因となる障害で、麻痺、関節可動域制限、筋力低下、失語症等があります。
能力障害 機能・形態障害が原因でおこる障害で、日常生活動作障害、歩行障害、書字不能などがあります。
社会的不利 失職、職場や家庭での役割の低下、生きがいの喪失等人間らしく生きることの障害です。

当院が実施する具体的リハビリテーション

身体に障害や機能低下を有する方に対し、基本的動作能力の回復を目的とし、 主体的な生活ができるよう諸機能の回復・維持およびさらなる機能の開発を促し、 より充実した日常生活を送っていいただくことを目的として治療、訓練、援助等を行います。

機能・形態障害 治療体操 主に運動を行うことで体の動きや働きを維持したり改善します。
麻痺の回復促進訓練
筋力増強訓練
関節可動域訓練
能力障害 寝返り・起き上がり・移動(車椅子や杖を使用する場合も含めた)動作 の訓練をおこなったり、獲得した運動能力を実際の生活場面で十分に発揮 できるよう訓練します。
手や足の治療訓練 機能・形態障害が原因でおこる障害で、 日常生活動作障害、歩行障害、 書字不能などがあります。
日常生活活動訓練 食事・更衣・排泄・入浴などの動作訓練や指導
装具・自助具・生活援助用具 残された機能だけではどうしても行えない動作に対し、 その動作を可能にするための装具・道具を選定し、 それを装着して訓練をします。
物理療法 水治療法 様々な物理的エネルギーを用いて、痛みを和らげたり、循環を改善します。
レーザー療法
電気療法
マッサージ

診療科目

page top

井上整形外科
〒111-0032 東京都台東区浅草4-41-6 TEL 03-3874-9521