目次
  1. T.再生医療とは
  2. U.当院の再生医療(PRP療法)
  3. V.PRP療法の対象部位および疾患名について
  4. W.費用について
  5. X.治療の流れ
  6. Y.メリット、デメリット
  7. Z.PRP治療が受けられない方(除外基準)
T. 再生医療とは

近年注目されている再生医療とは、ケガや病気で失った機能を従来の医療ではなく、加工した細胞や組織・血液等を用いてヒトにもともと備わっている修復能力を増大させて治療する方法です。

整形外科分野では、再生医療は組織や血液のような「体細胞」を使用した治療法や、体細胞に変化する前の「幹細胞」を用いた方法が進んできました。体細胞治療では、血液を用いた例として患者さんご自身の血液を濃縮加工して修復能力が高くなった血小板を作製し患部に注入することで、変形性関節症などの関節痛や炎症を抑えたり、スポーツ選手などに起こりやすい筋肉や靭帯損傷の改善が行われています。また幹細胞治療では間葉系幹細胞等を用いて骨折や関節軟骨を再生させる試みが始まっています。

再生医療の整形外科領域における治療効果につきましては国内の歴史が浅いこともあってデータに乏しいため個人差があるものとお考え下さい。それでも「従来の治療方法では改善されない」、「手術に躊躇している」等でお悩みの方にとっては保存療法と手術療法の中間的位置付けとして重要な選択肢のひとつになると思われます。


〇再生医療のイメージ図(膝関節の場合)


再生医療の詳しい情報は下記リンク「関節ライフ」のWEBサイトでご確認下さい。


U. 当院の再生医療(PRP療法)

PRP療法とは

ご自身の血液を採取後、濃縮して特定の成分のみを抽出し治療部位に注入する方法です。この 成分を多血小板血漿(Platelet Rich Plasma)略して PRP といいます。この PRP を作製するために専用の医療器具を使用します。(この器具をキットと呼び、当院で使用するのは「APS キット」 及び「GPSVキット」で、部位によって使い分けます。厚生労働省に承認されており高品質なPRPが 作製でき、かつ安全性が高いのですが、その分価格も高額になります)

作成されたPRPの血小板濃度は通常の約6〜9倍、白血球濃度が通常の約5倍となります。(このPRPは白血球が多く含まれることから一般のPRPと区別して「LR-PRP」と呼びます。特徴や効果の比較は表3を参照ください)

このPRPから放出される成長因子に組織を修復・活性化させる働きがあるため、痛みや炎症を抑制する効果が期待できます。

  当院で使用するPRP作成キット



この再生医療を医療機関で提供するためには審査を経て厚生労働大臣に受理され、計画番号を取得する必要があります。

第2種 変形性関節症に対するPRP関節内投与
    計画番号:PB3180126
第3種 創傷治癒を目的としたPRPの関節外投与
    計画番号:PC3180225
特定細胞加工物施設
    施設番号:FC3180152

※第2種、第3種の違いについては表1でご確認ください

APS療法

〜 PRPを再度加工することで、より高い治療効果が期待できます〜

次世代PRPと呼ばれるAPS療法は、PRPより高い治療効果をお望みの方や効果期間を延ばしたい方等に推奨いたします。上記で作製した「LR-PRP」に更に遠心分離をかけ、脱水・濃縮することで炎症を抑える良質なたんぱくが豊富な溶液となり、炎症バランスを改善し痛みを軽減させ、軟骨の変性や破壊を抑えようとする治療法です。

表1 PRP療法の種類別特徴と効果期間について

※効果には個人差があります。
※資料(データ)はジンマーバイオメット合同会社からの提供によるものです。
V. PRP療法の対象部位および疾患名について

既にご説明したとおりPRP療法(APS療法を含む)は、治療部位が「関節」と「筋肉・腱・靭帯」の2種類に分類されています。この項では治療部位別に内容を記載します。

表2 PRP(APS)療法の対象部位および疾患

 

第2種「関節(変形性関節症)」に対するPRP療法

変形性関節症は、関節内の骨の末端部にある軟骨の異常(摩耗や損傷)により、痛みや腫れ、炎症がおこります。病気が進行すると関節内のいろいろな組織に影響して関節の変形を引き起こします。PRP療法には、こうした痛みや腫れの軽減や組織の修復を促したり、関節の炎症を抑制したりする効果があります。
関節部位に対するPRP療法、APS療法の違いは、表3に一覧にしてありますのでご参照ください。

表3 関節部位に対する白血球の多いPRP、APS及び白血球の少ないPRPの比較

※1 LR-PRP(leukocyte rich PRP) 高白血球多血小板血漿
※2 LP-PRP(leukocyte poor PRP) 小白血球多血小板血漿
赤枠内は当院で実施しています

第3種「筋肉・腱・靭帯」に対するPRP療法

海外で2000年頃からサッカー選手やメジャーリーガー、プロゴルファー等のスポーツ選手のケガの治療のために行われるようになりました。その後プロアマ問わずスポーツ選手に対して実施されていますが、日本人メジャーリーガーが受けたことで我が国でも多くの人が知るところとなりました。この治療法はスポーツによるケガのみならず表2に記載の対象疾患の方であれば実施が可能です。

W. 費用について
このPRP治療は保険診療の対応外となっておりますので自費診療となります。

表4 料金表※この治療により、確実な効果を保証するものではありません。
 万が一効果がない場合でも治療後の返金には応じられませんのでご了承ください。
※クレジットカードをご利用いただけます(詳細はこちら
X. 治療の流れ
1. 診察(初回)

(1)再生医療申込書により受付をします
(2)問診、検査(血液、尿、MRI等の画像)、病歴等を確認します
(3)治療部位の治療前評価をします
(4)同意書を発行しますのでご記入のうえ治療当日にご持参下さい
(5)治療日を決定します

 

2. 治療当日
(1)治療内容を説明します
   除外基準に該当の場合は治療を中止します
(2)同意書をご提出ください
(3)PRP作製のため血液を採取します
   ・所要時間  約3分
   採取量は使用するキットにより異なります
  (表1参照)
   ・採取量   APS          55mL
          GPSVスタンダード 52mL
          GPSVミニ     26mL
(4)PRPの作製および抽出
   ・所要時間  約30分〜35分
(5)PRPを治療部位に注入します
(6)今後のスケジュール等を説明します


治療日の標準的な所要時間は、約1時間30分です

 

3. 治療後1カ月、3カ月、6カ月のフォローアップ

問診、経過時点の評価等を行います。

※治療部位の改善状況の把握並びに厚生労働省への定期報告が必要となりますのでご協力をお願い致します。

Y. 治療のメリット、デメリット

メリット

  • ・ご自身の血液を使用するため安全性が高いといえます。
     感染症やアレルギー反応といった副作用が起こりません。
  • ・何度でも受けることができます。
  • ・関節、筋、腱、骨など、大半の部位に適用可能です。

デメリット

  • ・治療効果・効果の持続期間には個人差があります。
  • ・自費診療となります。
     健康保険など医療制度上の保険で受けることができません。
  • ・採血部位・治療部位に皮下出血が起こる場合があります。
  • ・治療時に患部への注入には痛みを伴い数日間は治療部位に腫れ・痛み・熱感が出ます。
     腫れは治療部位によっては1週間程度続くことがあります。
  • ・交感神経障害による複合性局所疼痛症候群 (CRPS)という慢性疼痛が起こることがあります。
Z. PRP治療が受けられない方(除外基準)
・癌と診断され、あるいは治療を受けている方
・活動性の炎症を有する方
・一ヵ月以内に本治療を受けたことのある方
・重篤な合併症を有する方(以下例示)
  心疾患
  肺疾患
  肝疾患
  腎疾患
  出血傾向
  コントロール不良な糖尿病や高血圧症 等
・薬剤過敏症の既往歴を有する方
・その他、担当医が不適当と判断した方

page top

井上整形外科
〒111-0032 東京都台東区浅草4-41-6 TEL 03-3874-9521